第二新卒の退職時の有給消化はしっかりとした計画を

Pocket

退職する際に誰もが気になるのが有給休暇のこと。
特に第二新卒ではじめて転職をする方は勝手がわからないのではないでしょうか。そんなあなたのためにスムースに退職時に有給休暇を取得できる方法をご紹介します。

引き継ぎの計画を
Dafne Cholet

そもそも辞める時に有給とっていいの?

はい、いいんです。
基本的に会社は従業員の有給休暇の取得を拒否できません。しかし唯一の例外は繁忙期や他の社員と重なり業務の遂行が難しい場合です。その場合には時期をずらすことで対応するよう法律(労働基準法39条)で定められています。
いくら法律で定められているからといって自分勝手な行動は社会人として失格です。ではどうすれば周りに迷惑をかけずに有給を取得できるのではないでしょうか。

上司に退職までの計画を相談する

いざ退職すると決めたら上司に相談をすると思います。その時にいつまで業務を行い、いつから有給を取得したいかをしっかり伝えましょう。
自分では簡単に考えていても意外とやることが多いのが退職です。しっかりと上司に相談し、判断を仰ぎましょう。

引き継ぎをしっかりと行う

予定通りに有給を取得でき、海外旅行へいく方、転職活動を行う方、様々な過ごしかたをするでしょう。しかし業務の引き継ぎが不十分だった場合どうなるでしょうか。
せっかくの休暇中なのに会社から電話があるかもしれません。そんな状態で休暇を満喫できますか?
退職するその日まであなたはその会社に所属していることを忘れてはいけません。後任の方へしっかりと引き継ぎを行うことでやっとあなたの役目が終わります。

「もう辞めるから関係無い」ではありません。”立つ鳥跡を濁さず”です。
円満に退職するためにも会社に残る方々のことを考え行動しましょう。
また退職時の引き継ぎについて不安が残るあなたにはこちらの記事もおすすめです。
『引き継ぎがしっかりできる第二新卒は新天地でもうまくいく』

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。