引き継ぎがしっかりできる第二新卒は新天地でもうまくいく

Pocket

転職を含め退職をする際には仕事の引き継ぎをする必要があります。これは経験が浅い第二新卒のみなさんと云えど例外ではありません。
退職する際にどのように引き継ぎをすれば良いのかはよく転職相談において質問を頂きます。
そこで今回は退職の際の仕事の引き継ぎを3つに分けてご紹介します。

また引き継ぎの一連の流れには仕事を行う上で大切なポイントがいくつも含まれています。しっかり引き継ぎができる第二新卒の方は転職し新しい環境でも比較的早く環境に馴染みどんどん成長することができるでしょう。
なおここで紹介するのはあくまでも一般的な内容のため実際の引き継ぎについては上司や先輩などに確認してみてください。

バトンパスはしっかりと tableatny

1.スケジュールを立てる

退職することが決定したらまず直属の上司と相談して退職日を決めるのが基本です。繁忙期に当たらないよう配慮したり、引継ぎに必要な時間を見込んだりしたり適切な退職時期を見極めましょう。
そして退職日から逆算していつまでに・何を・誰に・どのようにして引継ぐかを決めます。
引継ぎのスケジュールはギリギリではなく余裕を持たせることが大切です。退職日の3日前までに引継ぎが終わるようにすれば予定外の業務が入っても十分に対応できるでしょう。

2.業務をマニュアル化する

退職日が決まったら実際の業務の引継ぎ・整理を行います。
後任者にはこれまで行ってきた業務内容や仕事の進め方をできるだけ詳しく伝えることが重要です。
職場によっては後任者が決まらないことや複数の人が業務を分担する場合もあります。そのような事態に備え業務を文書にして残すなどしてマニュアル化することをおすすめします。
業務の文書化は後のトラブルを防ぐことにも繋がります。なおただマニュアルを渡すだけでなく後任者や上司などと読み合わせを行うとよりスムーズに引き継ぎが完了するでしょう。

3.顧客・取引先への挨拶まわり

顧客や取引先のいる業務で忘れてはならないのが挨拶まわりです。仕事をしている以上、人間関係は必ず発生しますし同じ業界で転職するなら今後もお世話になることがあるかもしれません。挨拶がないまま担当者が変わるとこれまでに築いた信頼関係を失ってしまいます。
その際、後任者がいる場合には後任者の紹介を兼ねて一緒に挨拶に伺いましょう。

これらが一般的な引き継ぎの内容です。引継ぎが完了した後も後任者のサポートをしたり雑務を積極的に行うなど周囲を助ける姿勢が円満退職に繋がります。
また業務以外にも会社で必要な手続きがある場合もあります。その際には総務や人事など担当者との連携を忘れないようにしましょう。
「立つ鳥跡を濁さず」しっかり引き継ぎを行い気持ち良く次へのスタートを切りましょう。

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。