文系の第二新卒の転職って新卒就活より大変?

Pocket

こんにちは、リタワークスの加茂です。

みなさんは学生の時、就職活動をした経験があるかと思いますが、就職と転職のどちらが大変だと思いますか?

新卒セミナー Dick Thomas Johnson

もちろんその大変さは業種や職種、年代によっても異なります。
そこで今回は総合職や営業職、事務職といった文系職種に絞ってアンケートを取ってみました。
すると圧倒的に「転職のほうが大変」と答える方が多かったのです。
そして興味深いことに「転職のほうが大変」と考える理由が第二新卒と呼ばれる社会人経験3年以内と3年以上では異なっていました。

「転職のほうが大変」と考える理由は経験年数によって違う

「新卒の就職と転職どちらが大変か」を聞いたところ多くの方が「転職」のほうが大変と考えているようです。
しかしその理由に関しては第二新卒とそれ以外で違っていました。
それでは転職のほうが大変だと感じる理由を、社会人経験が3年以内と3年以上を順に紹介します。

第二新卒(社会人経験3年以内)が考える転職が大変な理由

1. 経験やスキルの面で経歴が上の転職者に負けてしまう

新卒の就職活動であれば、ほとんどの人が就業未経験です。
したがって学歴やアルバイト、スポーツの経験などで差がついてきます。
しかし転職の場合にはこれらは全く通用しません。
転職の場合、ほとんどの企業の選考が書類選考から始まります。
よって職務経歴書に書けることの差が大きく影響します。
面接で直接話すことによってわかる本人の意欲や人柄などのアナログ情報は書類からでは伝わりません。
このことから書類選考で苦戦する方が多くなってしまいます。

さらに新卒の場合はポテンシャル採用であるため、技術系の仕事でなければ基本的にどの業界にもチャレンジできます。
しかし転職の場合は前述のとおり「経歴」がモノを言うため「違う業界・職種にチャレンジしたい」となるとハードルは益々上がります。

2. 退職理由がうまく作れない

特に就職してから早い時期に転職活動をされている方はこの点に苦心するようです。
どのような理由を話しても「もっとがんばれたんじゃないの?」「他に(部署を変えてもらうとか)方法なかったの?」と思われてしまうのではないかという不安が拭えないそうです。

3. 時間がない

入社したての頃は職場の雰囲気に慣れ、仕事を覚えることで精一杯です。
そのような余裕がない中での転職活動は「考える時間」「活動する時間」ともに不足していると感じる方が多いようです。
このことが転職活動が思うように進まない原因の一つなのかもしれません。

サラリーマンは辛い MATSU

社会人経験3年以上が考える転職が大変な理由

社会人経験が短い第二新卒の方は自分の経験が浅いことによるスキル不足や現在の職場での働き方から転職が難しいと考えているようです。
それでは会社にも慣れはじめ、責任のある仕事が任されるようになってきた社会人経験3年以上の方はどのような点で転職が難しいと考えているのでしょうか。

1. 決断が与える影響が増してくる

20代の前半の頃は仕事のこと、自分のことだけを考えて転職をすることができました。
しかし社会人経験が3年以上ともなると結婚や子育てなどプライベートが変化してきます。
すると自分だけではなく家族のことも考えなくてはならず、「絶対に失敗出来ない」というプレッシャーがかかってきます。
「転職した方がいいのか、しない方がいいのか」の決断が未来に与えるインパクトが増してきます。

2. 即戦力を求められるプレッシャー

この理由は第二新卒の方の1つめの理由である「経験やスキルの面で経歴が上の転職者に負けてしまう」の裏返しです。
第二新卒の方からすれば「経験のある人に負けて悔しい!」ということなのですが、選ばれたら選ばれたなりに当然責任が発生します。
企業は新卒の場合とは異なり、3年以上の経験者を育てようという意識は稀薄です。
よって入社後に求めているのものは間違いなく「結果」なのです。

3. 職場環境に順応しにくくなっている

これは転職においては結構難しい問題です。
経験を積んでいくうちに、その過程を通じて形成された自信やプライド、譲れない考えが出てきます。
それがその人の魅力でもあるのですが、反面「どうも社風に合わない」ということになると環境に合わせるまでに時間がかかります。
結局このことが原因で転職した企業を退職してしまうことも少なくありません。

4. 待遇面と仕事内容のバランス

どのような転職をするのかにもよりますが、上がった年収分以上に仕事のハードさが増しているというケースが少なくないようです。
そのような状況で仕事がハードになっても周囲に助けてくれる仲間がいればずいぶんと仕事はやりやすくなると思います。
しかし職場に途中から入るということでなかなか助けてくれる仲間に巡り会えず一人で抱え込んでしまうことになってしまいます。
そのことから転職先での仕事がより一層ハードに感じてしまうということもあるようです。

このように新卒の就職と転職では転職の方が大変さが増してくる理由と、社会人経験が3年以内と3年以上では転職の際に感じる大変さに変化が生じるということがお分かりいただけたと思います。

第二新卒の皆さんの中で、特に新卒の時に「順調に就職できた人」ほど転職の時に大変さのギャップを感じてしまいます。
みなさんは「転職活動」にどのような印象をお持ちですか?

Pocket

keiichi.kamo

代表取締役 加茂敬一
キャリアカウンセラーとして現在までに2,000人以上との面談を行う。
「利他主義」をコンセプトとし、転職希望者の気持ちを第一にキャリア相談を実施する。