第二新卒の転職で書類選考の通過率が圧倒的に上がる3つのポイント

Pocket

第二新卒の転職活動で最初のハードルとなるのが書類選考です。次のステップの面接に進むためにはわかりやすく、自分をしっかりアピールできる書類を作成する必要があります。
今回は最初にして最大の難関である書類選考を通過する、3つの応募書類の書き方のポイントをご紹介します。

転職の書類選考を通過する
Agnieszka

会ってみたいと思えるような文章を

いくつもの企業に応募しても面接まで進めないと「自分のキャリアや考え方に問題があるのではないか」と考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、不合格になったのはキャリアではなく応募書類の中身です。少し書き方を見直すだけで、書類審査の壁をクリアできるかもしれません。
特に転職サイトから応募する場合は、書類がすべてといっても過言ではありません。採用担当者に「会ってみたい」と思わせる応募書類にすることが、転職成功への第一歩なのです。

それでは具体的にどのような内容を応募書類に書けばいいのでしょうか。

1.自己PRを重視する

第二新卒の転職は将来性を見られています。どのように業務に取り組むかや、将来目指す姿を採用担当者の方に理解してもらうためにも自己PRは重要です。この仕事、そして何よりこの会社に魅力を感じた理由、大切にしている考え方、業界に対する思い、その仕事に就くためにどんな努力をしているかなどの自己PRを分かりやすく表現します。
また第二新卒の場合は就業経験が浅いため、学生時代の経験も重視されます。入社後にやりたいことや仕事への価値観と結びつけて、自己PRとしてアピールしましょう。

2.どんな情報が必要とされるか考える

書類選考を通過するためには、どんな情報が必要とされるか理解することも大切です。第二新卒に限らず、求職者は自分の希望を書くことに気を取られがちです。採用担当者が知りたいのは、これまで求職者がどのようなキャリアを歩んできて、それを自社の業務にどう活かしていけるかです。
第二新卒の方は、特に職務経歴を工夫しましょう。新卒で入社してすぐにチームを率いるといったことはほとんどないでしょう。そこで経験を理解してもらうには、労働環境や経験業務を細かく丁寧に記載する必要があります。応募先企業で、自分の実績をどう活かせるのかを盛り込みましょう。

3.臆することなくアピールする

新卒で入社して3年程度で転職してしまうことに負い目を抱いていませんか?そんな心配をする必要はありません。転職の時に重要なのは働いた年数ではなく、これまで何をしたか、これから何ができるかです。
自分がなぜ前職を辞めようと思ったのか、これからどういったことをしていきたいのか正直に書きましょう。そうすればことばから採用担当者の方に気持ちが届くはずです。
自分のことを隠したり、大きく見せようとしても相手はプロです。簡単に見破られてしまいますよ。

まとめ

ここまで書類選考を通過するポイントをご紹介しました。具体的に何を書けばいいのか分からない、書く材料が見つからないなどの不安をお持ちなら、転職エージェントのご利用をおすすめします。第三者の目で見れば公平にあなたを分析することができますよ。
LITA WORKS(リタワークス)は第二新卒に強い転職エージェントとして、就職活動を支援しています。採用担当者が会いたくなる履歴書の書き方、自己PRや職務経歴に関するアドバイスも行います。第二新卒向けの転職エージェントをお探しなら、お気軽にLITA WORKSにご相談ください。

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。