第二新卒の誰もが通る道 新卒研修が終わってすぐの転職は不利?

Pocket

新卒で入った会社からの初めての転職。
転職活動をしてちゃんと次の仕事が見つかるのか、本当に次の会社ではやりたいことができるのかと心配になっている方もいるのではないでしょうか。
特に若い第二新卒の方はその不安が大きいと思います。
先日の記事で第二新卒の方の転職の悩みについてご紹介しました。
こちらの記事と合わせて読むと悩んでいるのは自分だけではないと思えるのではないでしょうか。

確かに入社してからの3年間では経験も浅く、即戦力としての転職は難しいです。
しかし本当に転職自体が難しいのでしょうか。
今回は現場に出て間もない若い方の転職にまつわるお話です。

社会人1年目はとても重要

みなさんのうち多くの方は新卒で入社して最初に研修を受けたと思います。
最初は会社の歴史や扱っている商品やサービスについて。
そして社会人として必要なビジネスマナーや仕事の進め方について長い時間をかけて学んだと思います。
大手企業などでは2ヶ月間みっちり新卒研修を行うところもあるようです。
社員であるみなさんにとっては為になる知識や経験であったかもしれません。
一方、企業からするとほんのすこし前まで学生だったみなさんをビジネスマンへ変えるための投資なのです。

新卒研修 chiaki hayashi

また研修が終わり現場に配属されると先輩たちに教わりながら仕事に携わっていくことになります。
最初は資料の準備や会議の議事録作成など雑用に見える業務かもしれません。
しかしただ資料を印刷するのではなく、どうすれば無駄なく効率良くできるかを考えることで仕事の進め方を学べます。
また会議に出席し議事録を作成することで先輩たちがどのように考え、仕事に取り組んでいるかを観察することができます。
このような心がけひとつで雑用が絶好の成長の機会に変わります。

入社して数年という今後の社会人生活から見ると短い時間ですが、これからの仕事への向き合い方を大きく左右する濃い時間なのです。
そしてこのように自ら考え行動している方は社会人として成長することができます。
このことについてはライフネット生命社長の岩瀬さんの「入社1年目の教科書」がとても参考になります。

企業は研修が終わった人を欲している

先ほど研修は投資だということをお話しました。
特に新卒研修の時点では売上を1円も上げていない社員にお金と時間をかけています。
しかしすべての企業がそれほどの労力をかけられる訳ではありません。
「即戦力」になり得るのは完全に同業の経験者や反対にまったく専門性の無い仕事です。
通常は中途採用と言えどある程度の勉強の期間が必要になります。
そこにビジネスマナーなどの基礎的な研修が加わると中小企業やベンチャーなどの規模が小さい企業にとっては大きな痛手です。

若いみなさんはそのような企業への転職が狙い目なのです。
新卒で入社した会社でしっかり新卒研修を受けいれば転職先の企業はその投資の負担をせずに済みます。
さらに何もわからないまっさらな状態のため、新しいことへの吸収力が高いことも期待されています。

重要なのは自分で考える行動すること

いくら若い人が欲しいと言ってもただ時間をやり過ごしていた人は見向きもされません。
座って講演を聴く、資料を印刷するという誰でもできることから何を得てどう行動するかが重要です。

みなさんは「転職をしたい」と思って情報を探したりしているかもしれません。
しかし本当に今のタイミングで良いのでしょうか。
経験を積むには時間がかかります。
考え方を変えるには今この時からで間に合います。

もし転職するべきかどうか悩んでいるのでしたらぜひご相談ください。
経験豊かなアドバイザーがみなさんのお話を伺います。
お気軽にご連絡ください。

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。