第二新卒の転職活動は面接対策が鍵である

Pocket

第二新卒の転職では面接の対策を十分に行うことが成功の鍵を握ります。
なぜなら新卒の就職活動とは違い筆記試験が無いことが多く選考過程が短いからです。つまり1回の面接の比重がとても高くなります。
そこで今回は採用担当者はどのようなところを見ているのか、話しにくい退職理由をどう話せばいいのかのポイントをご紹介します。

ビジネスマナーが鍵となる Leeroy

転職の面接ではビジネスマナーが重要

第二新卒の転職において採用担当者が面接で重視するポイントは「基本的なビジネスマナーを身につけているかどうか」です。やはり学生と違い社会人としての最低限のスキルを携えているかが見られます。
また「志望動機をしっかりと語ることができるか」「将来なりたい姿をイメージしているか」「成長意欲を持っているか」なども重要なポイントになります。こちらも新卒採用とは異なり「育てる」という部分が少なくなるため向上心をアピールすることが大切です。
これらのポイントは事前にしっかりと準備することである程度対応できるのではないでしょうか。

退職理由は包み隠さずに

第二新卒の場合は早期に転職する理由について必ず聞かれると思っておいてください。面接の質問で退職理由は一番話しにくいのではないでしょうか。
「採用してもすぐに退職してしまうのではないか」という採用担当者の不安を払拭するためにも転職理由に加えて前職で学んだことを活かし、長く活躍していけるということを伝えましょう。
たとえネガティブな転職理由であってもそれを自分の弱みとして理解し改善していこうとする姿勢があるかがポイントです。そこで自分を良く見せようと事実とは違う退職理由を話すのはトラブルの元になるので絶対に避けましょう。無理に飾ることなくありのままの自分をアピールすることが大切です。

しかし実際の面接では決まった内容を聞かれるわけではなくその場で対応しなければならないこともあります。
想定外の質問には慌ててしまいがちですがまずは落ち着くことが大切です。質問の意味をしっかりと理解し考えをまとめてから話すようにしましょう。
LITA WORKSでは面接の対策も行っております。お気軽にご相談ください。
しっかりと面接に備えてより良い転職をしましょう。

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。