はじめて転職する第二新卒はキャリアチェンジの落とし穴に注意しよう

Pocket

「転職したい」と思っているみなさん、将来どうなっていたいかをしっかり考えられていますか?
「転職」と言っても大きく分けて2つあると言われています。
1つは今まで身につけた経験や技術を活かすことができる職業を選ぶ「ステップアップ」です。2つめは今まで挑戦したことがない職業に挑戦する「キャリアチェンジ」です。
今回は後者の「キャリアチェンジ」において、はじめての転職を経験する第二新卒が特に気を付けなければいけない点をご紹介します。

無謀なキャリアチェンジに注意 Gaertringen

第二新卒のキャリアチェンジにおいて気を付けたい2つのポイント

中途採用を行っている企業の多くは経験者の応募を期待しています。
一方、第二新卒の募集では未経験でも採用される可能性があります。しかし未経験の業界や業種、職種に何も考えずどんどんチャレンジしてもいい訳ではありません。こんなリスクがあるんだということを頭に入れておくべきです。

イメージと現実のギャップ

未経験の仕事への挑戦は心機一転でモチベーションやものの見方だけでなく人生が変わると期待が膨らみます。特に新卒の就職活動で第一志望の企業に入ることができなかった方に多いのではないでしょうか。
しかし自分が知らない世界に飛び込むことに対しての楽しみだけが先行してしまうとイメージと現実の差が生じてしまう可能性が高くなってしまいます。それはあなたが感じているイメージはあくまでも外から見た印象だけで構成されているからです。

華やかに見える仕事でも地道で単調な業務が背後に隠れているということを認識する必要があります。
特に未経験で飛び込んだならば最初に下積み期間が確実にあるということを忘れてはいけません。

給与や待遇が下がってしまう

キャリアチェンジとはゼロからのスタートです。前職で得た数年のキャリアや知識、ノウハウがすべて振り出しに戻るということを意味しています。
つまり転職先の企業内での人材力としては新卒と同等ということになります。この評価が労働の対価となる給与に反映されることは言うに及びません。

また大企業から転職しようとしている方は給与以外の待遇や企業の信用度も考えなければいけません。
多くの大企業ではしっかりと休みを取ることができたり研修制度が整っていたりと長い目で見ると成長できる土壌が整っています。
また家を借りたり車を買ったりする際には金融機関等での審査が必要です。その際に務めている企業の規模や上場の有無などが見られ、ローンを組むのが難しくなってしまうことがあるというのが実情です。

これらはライフスタイルや生活の質に直接的に影響します。
果たして転職後の待遇でやっていけるのか、満足できるレベルなのかを念頭に置くことが大切です。

キャリアチェンジを成功させるためには

キャリアチェンジはうまくいけば大きな成功に繋げることができます。それではキャリアチェンジを成功させる可能性を少しでも上げるためにはどうすればよいのでしょうか。
それは前職で身につけた経験が“少しでも”活かせる職を見つけることです。まったく異なる仕事だと思っていても本質的な部分や仕事の進め方などは似ているといった話はよく聞きます。
前職で身につけた経験が少しでもプラスになるのであれば、未経験の業種でもどんどんアピールし挑戦したいという気持ちを伝えることができるのではないでしょうか。

高い壁にチャレンジする勇気も必要 Stefanos Nikologianis

そのためには自己分析で自分には何ができてまだ何ができないのかを知ることは必須です。
一方、挑戦する場で必要になるスキルを調べることはもちろん大切です。しかし求人サイトの情報からではそれがわかりづらいと思います。
そんな時にはLITA WORKSのようなエージェントに相談するのも手です。LITA WORKSでは紹介する企業の人事と直接会い、現場での話を聞いています。よって求人サイトでは伝わらない生の声をあなたに届けることができます。
キャリアチェンジを考えている第二新卒の方は一度相談してみてはいかがですか?

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。