第二新卒は面接時のビジネスマナーに要注意

Pocket

面接を控える多くの方から「ビジネスマナーがわからない」と相談されます。第二新卒の方なら社会人としてのビジネスマナーは時間をかけて学んできたはずです。そのため転職活動での面接で採用担当者は基本的なビジネスマナーを身につけているかどうかを確認します。
そこで今回はそんなあなたの不安を少しでも取り除けるように、転職活動におけるビジネスマナーについてお伝えします。

名刺交換
N-1グランプリ

0.就活マナーは合否に影響する

第二新卒を採用する理由のひとつに教育コストを抑えられる点があげられます。ビジネスマナーを身につけているかどうかは新卒と第二新卒の大きな違いです。
そのため転職活動では、身だしなみやあいさつ、言葉遣いなど当たり前のことを当たり前にできるかがポイントになります。
ビジネスにおいてはお客さまに対する礼儀やTPOをわきまえた服装も大切なマナーです。面接では社会人として基本的なマナーを身につけているかどうかが見られます。基本的なビジネスマナーが身についていれば自信を持って自分を表現することができるはずです。

1.身だしなみ・服装

身だしなみや服装のマナーは新卒の就活でも問われるポイントです。身だしなみは自分の意識のあらわれでもあります。相手に不快感を与えないことを意識して、事前に鏡でしっかりと確認しましょう。転職活動での身だしなみは清潔感や誠実さ、社会人らしさがポイントになります。
「シャツやスーツにシワはないか」「鞄や靴は汚れていないか」「ビジネスシーンにふさわしい髪型か」など、相手の視点から見てみると自然に目が行き届くはずです。
服装も応募先企業から指定された場合を除いて、ビジネスにふさわしい清潔感のある服装を心がけましょう。

2.あいさつ・言葉遣い

あいさつはコミュニケーションの基本であり、第一印象を大きく左右します。あいさつをしっかりと行うことで上司や同僚、お客さまとのコミュニケーションを円滑にします。面接前と面接後も感謝の気持ちを込めてあいさつを行いましょう。
言葉遣いは尊敬語や謙譲語に気をつけるのはもちろん、相手に敬意を持って話すことが大切です。相手にきちんと伝わるかどうかを意識し、丁寧に話すことを心掛けましょう。

ビジネスマナーがなっていないと、あなたがどれだけ熱意を持って仕事に臨めたとしても評価はされません。
普段、お客さまと接する際と同様に面接担当者の方にも誠実さを伝えられるような身だしなみや言葉遣いを心掛けることが重要です。
また面接がいかに重要かを知るためにこちらの記事もおすすめです。
『第二新卒の転職活動は面接対策が鍵である』

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。