第二新卒の転職における”3年間の壁”は気にするな

Pocket

転職をしようかなと考えている第二新卒のみなさんは”3年間の壁”を感じていますか?
3年働いてやっと一人前、3年間の職務経験でやっと転職活動での経歴として書けるといったことを聞きませんか?
今回はそんな噂に突っ込んでみます。

3年間の壁
steinchen

「〇〇経験3年以上」は気にするな

求人情報の必須条件に「〇〇の経験を3年以上」と書かれていることがよくあります。在職期間が短い第二新卒のみなさんにとっては、このような求人はとても良い条件であっても応募すらせず諦めてしまっているのではないでしょうか。
しかし果たして本当に3年間の経験が必要なのでしょうか。

私はそうは思いません。なぜなら企業によって同じ期間でどれぐらい経験できるかは全く異なるからです。
例えば私が在籍していた大手企業の場合では、1年目の半分以上の期間が研修でした。そして現場にいる時は電話番、コピー取り、議事録作成といった業務です。
(決してこのような業務が無駄だというわけではありません。詳しくはこちらの記事をご覧ください。参考:第二新卒の誰もが通る道 新卒研修が終わってすぐの転職は不利? | LITA WORKS
一方で人数が少ない企業や部署の場合、新卒といえど即戦力としてすぐにお客さまのところへ行ったり案件を持ったりすることもあります。

果たしてこのような仕事のスタイルが違う2社での経験を3年間という時間だけで同一視できるでしょうか。
もし求人情報に書かれている経験年数を満たしていなくても「私はこんな経験をしてきた」「業務以外にこんな勉強をしてきた」といってアピールし、書類審査を通過することは十分可能だと言えます。

無駄に我慢するな

今の環境で成長できないと感じている。先輩や上司に相談したけれど転職を引き止められた。
そんな経験がある方にはこちらの言葉が身に沁みるのではないでしょうか。

「3年は辞めるな」みたいな人たちは、そもそも仕事の感覚が「遅すぎ」ですよね。この時点でダメすぎると思う。
いやいや、「3年」ってどんだけ先の話ですかw 今から3年もあったら、ぼちぼち自動運転車が公道を走りますよ。LINEに次ぐプラットフォームも出てくるかも。VRコンテンツも広がっているし、新聞・雑誌の凋落はすさまじいことになっているでしょう。さまざまな分野で産業構造が変わっていますよ、3年後。
そうです。今は「3年」もあれば、世の中変わるんです。大きな波が無数に訪れるんです。くっだらない会社で3年も潰してたら、波に乗り遅れて、そのまま無能な人材になりますよ。どんだけのんびりやってるんですか。

有名なブロガーであるイケダハヤトさんはこうおっしゃっています。現在置かれている環境に留まることが自分にとってプラスになるのかどうかもう一度考えてみる必要がありそうですね。
しかし早ければ早いほうが良いというわけではないことを履き違えてはいけません。やりたいことができる環境を見つけた時が転職のタイミングです。

転職する際に気にある3年という期間。ここまで読んだみなさんはそれほど気にならなくなっているのではないでしょうか。
さらに「今の若者は仕事が続かない」というのは嘘だということも厚生労働省の調査からわかっています。(参考:【第二新卒に朗報】ゆとり世代だから仕事が続かないというのは嘘 | LITA WORKS
もはや何も気にすることはありません。
もちろん無闇に転職を進めているわけではありません。しっかり自分が何をやりたいのか、将来どうなりたいのかキャリアプランを考え、転職をすることによりそれが達成できるのかを意識する必要があります。
転職するほうが良いと思っていてもまだ不安があるという方は一度私たちに無料で相談してみてください。きっと自信がつくと思いますよ。

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。