第二新卒の転職理由で絶対に避けるべき3つのパターン

Pocket

前回の記事では書類選考の通過率を上げる書類の書き方をご紹介しました。書類選考を通過したら次に待っているのは面接です。
第二新卒の転職において100%聞かれるのが転職理由です。特に第二新卒は経験者を対象とした中途採用よりも重視される傾向があります。なぜなら新卒で入社したあと、比較的短期間で辞めてしまうのには正当な理由があることが期待されるためです。
そこで今回は転職理由として絶対に避けるべき理由を3パターンご紹介します。

やめておけ、こんな理由
Tim Savage

1.「思ったより楽しくなかったから」

新卒で入社し、希望通りの配属になった方は特に注意してください。自分で希望したにも関わらず「楽しくない」「想像と違っていた」ため転職をする。この理由を聞いて採用担当者はどう感じるでしょうか。「採用したとしてもまた思っていたものと違っていたらすぐに辞めてしまうのではないか」と考えるのが自然です。
今の会社を辞めてまでやりたいと論理的に説明しましょう。その場の思いつきではないとわかってもらうことが大切です。

2.「業務が過酷で残業が多かった」

「楽にお金を稼ぎたい」これは人間であれば誰もが持っている感情です。しかしこれをことばにし、面接で伝えてしまうと思わぬ勘違いをうんでしまうことがあります。「うちの会社はぬるいと思われてるんだな」と。同じ給料を払い、同じ環境を準備するのであれば、できるだけ意欲的な人を採用したいと思うのが採用活動です。労働時間よりも内容に価値をおいた理由を伝えましょう。
しかしブラック企業はここでは当てはまりません。そして決して長時間労働を良しとしているわけではありません。度を超えた業務内容や業務時間については正当な退職理由になるでしょう。

3.「上司や同僚と合わなかった」

退職理由として多いのが人間関係です。しかし注意してください。人間関係は人と人との関係性です。一方的にすべて上司や同僚が悪いとは言い切れません。「この人が原因で人間関係が悪くなってるのでは」と思われてしまいます。まだ社会人経験が浅いあなたが理不尽だと思ったことでも、仕事をしていくうえでは当たり前ということが多々あります。(そのような慣習などについての是非はありますが、今回は触れないでおきます)
もちろんセクハラやパワハラなど客観的に見ても問題がある場合には、また別の話です。

まとめ

転職する理由として避けるべき3つをご紹介しました。すべてのパターンに共通するのはネガティブな理由を避けることです。ポジティブな理由で転職をし、意欲的に働くことができるとアピールしましょう。
転職活動は自分を売り込む場です。しっかりと自分の良さをことばにし、自分はどのような人材なのかを知ってもらいましょう。

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。