プログラミングだけがエンジニアの仕事ではないことを第二新卒は注意せよ

Pocket

みなさんは「エンジニア」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?
多くの方がパソコンでプログラミングをしている姿を想像したのではないでしょうか。
しかし実際には「エンジニア」といっても様々な職種があります。今回はそんな「エンジニア」にまつわる就職や転職の実態についてお話します。

コーディングだけがエンジニアの仕事ではない Startup Stock Photos

そもそもエンジニアってなんだ

本来の「エンジニア(engineer)」という言葉は「工学(engineering)分野の専門的な知識や技術を持った人」という意味です。つまりものを設計したり機械を操作したりといった技術を持つ人を一般にエンジニアと呼びます。
しかし就職や転職の文脈において単に「エンジニア」とした場合には「ITエンジニア」を指すことが多いです。

そんな「ITエンジニア」ですがさらに細分化することが可能です。(以降は「エンジニア=ITエンジニア」として説明していきます)
システムエンジニアやプログラマ、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなど幅が広く必要な知識や技術はそれぞれの職種によって大きく異なります。
実はこれらの違いを把握していないとせっかく就職しても自分のやりたい仕事ができない可能性が出てしまいます。

本当はプログラムを書きたかったのに…

先述の通りエンジニアと一言で言っても様々な仕事が存在します。学生の時の就職活動においてイメージするエンジニア像はディスプレイを2台使ってガリガリコーディングする姿ではないでしょうか。
もちろんそのようなワークスタイルをしているエンジニアの方はいらっしゃいます。しかしサービスやシステムの提供はそれだけでは成り立ちません。ネットワークやサーバーなどハードウェア周りを管理するエンジニアが不可欠なのです。
これらのハードウェアエンジニアはコードを書くだけではなくラッキング(サーバーを棚に設置する)や配線など物理的な力仕事が多くあります。
このような作業は地味でおもしろくはないかもしれません。特に自分でコーディングをして新しいサービスを開発したいと思ってエンジニアとして就職した方は幻滅してしまうのではないでしょうか。

サーバーエンジニア Louiselives

企業がどのような技術を使って何をやっているか、自分は何をやれるのかを知る

エンジニアになりたいからと言って「エンジニア募集」のキャッチコピーに安易に捕まってはいけません。企業のWebサイトなどからどのような技術を使っているのか、どのような職種があるのかなどをしっかり情報収集する必要があります。
また自分はどのような仕事をしたいのか、どのようなキャリアプランを進んでいけばよいのかを事前に考えておきましょう。

しかし企業がオフィシャルに提供している情報のみではその実態がわかりづらいというのが現実です。
気になっている企業の方と知り合いがいれば直接話しを聞いてみるべきです。もし知り合いがいない場合にはぜひご相談ください。LITA WORKSでは人事担当者だけではなく現場の社員の方とも情報交換を行っております。
働き始めてから「全然プログラムが書けない」と嘆くのではなく、まずは自分が何をしたいのかを明確にしどのような仕事ができるのかをしっかり知っておきましょう。

Pocket

福井一義

大手SIerやベンチャー企業においてエンジニアとして従事。現在はフリーランスのWeb系エンジニアとして活動中。