第二新卒は特に注意「転職活動の主役はあなた自身」です

Pocket

今回、弊社を利用して転職を行ったTさんに自身の転職活動について記事を書いて頂きました。
どのように第二新卒で転職活動を進めればよいかわからない方には特に参考になる内容となっています。
なお下記の写真はTさん自身が撮影した茨城・大洗磯前神社の神磯の鳥居です。

主役はあなた
LITA WORKS

皆さん初めまして。
この度リタワークスの加茂さんにお世話なり無事転職活動を終えたTです。
今回「ブログを書いてみませんか?」と声を掛けて頂き、自身の経験で良ければと思いこの記事を書きました。
読んでくださった方々の何かきっかけになれば幸いです。

退職から転職活動へ

私は2012年新卒の総合職として入社し、色々な部署で働いてきました。特に最後の部署では新規事業の立ち上げ・運用に携わり、色々な方々の協力を得て結果を残す事が出来ました。
その時から「色々な人を巻き込んで実績を生み出す」仕事に向いているのではないかと思い、フィールドを変えて新たにチャレンジをと考えるようになりました。

そして事業の区切り目の段階で、2015年5月に3年働いた会社を退職しました。
数ヶ月間、資格取得や趣味など今しか出来ない事をやりつつ、2015年10月より本腰入れて転職活動するに至ります。

転職活動での迷い

最初は求人サイトをベースに転職活動を行いました。求人情報から会社を探し、エントリー、選考に続くという流れになります。
職種や業種にこだわりは無かったので「やりがい」を求めて様々な会社にエントリーをしました。

しかし選考を進んでいくうちに会社とのズレを感じ、選考通過・内定を頂いても辞退をするという場面が増えるようになりました。
以前に比べ今の時期は求人情報が多い一方、転職活動ができる時間とお金には限りがあります。気になった会社を片っ端から受けていても終わりが見えませんでした。

キャリアセンターなどの応援があった新卒の就職活動と違い中途の転職活動はまさに独りでの戦いです。
そんな独りの戦い、次第に疲れと焦りが出てきました。
選考が通っても、内定が出ても悩むという不思議なスパイラルにはまっていったわけです。

転職をする以上、将来なりたい自分の姿をしっかりイメージした上で決めなければならない。
自分が働きたい会社はどういう会社なのか、どういう職種でキャリアを積んでいきたいのか。
求人情報に書かれている条件だけを見たところでは決してわからない、潜在的な自分のビジョンで迷いが生じました。
そして、それはやりがいを求めて未知のフィールドで働きたいという漠然とした考えだけでは決して解決出来ない部分です。
この迷った状態の中、手探りで会社を探すのではなく、もっと効率よく探したいと思うようになり、転職エージェントを利用することにしました。

リタワークスとの出会い

私自身、転職エージェントに対する良いイメージはありませんでした。
転職エージェントさんも仕事である以上、どうしても効率よく人と会社をマッチングさせるという部分は避けられません。ですから転職希望者の経歴と企業のニーズを合理的にマッチングするという側面が見えてしまいます。
こんなイメージを払拭するべく人材紹介会社が設ける転職イベントにも参加しましたが考えは変わらずでした。

人材紹介会社の規模が大きい程、求人会社数も集まりますが、その分応募者も増えるわけであってサービスの品質もまばらになってしまうのでは無いかと。
ならば小規模で活動している人材紹介会社はどうだろうか。小規模なら合理的に捌くより、まずはしっかりした実績を求められるはず。
転職希望者・募集企業の双方が満足した形の転職紹介実績が無ければ、サービスとして生き残れないはずだと思いました。
それからは抱える求人数の多さは捨てて、まずはしっかり自分と向き合ってくれる小規模の人材紹介会社を探しました。
そしてたどり着いたのがリタワークスでした。

転職エージェントとの向き合い方

転職活動の主役は転職希望者本人であって、主役を見失うようなことはしたくないという部分が自分にはありました。なのでエージェントから紹介された会社を受けて内定貰ったらそこに行くという考えはなく、あくまで紹介された会社の内定も狙いつつ自分で探して応募し、最終的な結論を出したいというスタンスで活動しました。
私の転職活動をフォローしてくださった加茂さんは私の転職スタンスをくみとって頂けました。

悩んでいた将来の自分とキャリアビジョンについて重点的に時間を割いて、転職活動再スタートです。
そして調整を重ね、加茂さんに紹介して頂いた1社と、自分が応募していた複数社から内定を頂きました。

決断

複数の内定を前にして最終的に自分が決めたのは加茂さんに紹介して頂いた企業様でした。
決め手は自分の入社後のイメージが明確にできて納得いく企業だったのもありますが、自分の事をよく見てくれた方が勧めてくれた会社という事もあって、よりリアルにそれを感じることが出来たのが一番の理由でした。


Tさんの転職がうまくいった理由のひとつは「転職エージェントに任せっきりにしないこと」です。
将来何をやりたいのか、どの企業ならそれを実現できるのかをしっかり自分で考えられています。その上で第三者の客観的な意見を得る目的として弊社を利用頂いています。
転職を悩んでいる第二新卒のみなさまもしっかり自己分析をし、自ら考え行動することにより実りある転職活動にしましょう。

Pocket

ゲストライター

LITA WORKSでは様々な業界の方にライターとして協力して頂いています。
転職だけでなく普段の仕事にも有用な情報を随時提供していきます。